BDCA「びわ湖360°」展
開催にあたって
さて、当協会が発足して5年になります。その間、「琵琶湖」に向き合い、「水」にこだわり、滋賀の地で真に豊かな生活文化を創造しようと、デザインを通して活動してまいりました。
このたび、「びわ湖360°」と題して、環境から、観光、産業、くらしにいたるまで、360°の視野で、作品展を企画いたしました。[第1部]では、インテリア、グラフィック、写真、パッケージ、ファッション、テキスタイル、さらに、企画や編集、広告等の幅広い分野のクリエーター達から、自由にアプローチいたします。また、[第2部]では会員の日常の作品を合わせて展示いたします。どうか、ご高覧賜り、ご高評を仰ぎたいと存じます。

1999年10月26日

design: Koichi Imakita
Photo : Naotatsu Kimura
Copy : Fukuko Sugimura

BDCA「びわ湖360°」展
こころの視界を全開し、「母なる湖」の息づかいを感じ取りたい。
生あるものすべてが、いのち輝く暮らしを、未来にデザインしていくために。

Appreciate our "mother-lake" with an open in order to design a vital future for all nature

●日時:1999年10月26日(火)〜 10月31日(日)
  午前9時30分〜午後5時/最終日は午後3時閉館
●場所:滋賀県立近代美術館ギャラリ−
  大津市瀬田大萱町1740−1
●主催:びわこデザイン文化協会
●後援:滋賀県/滋賀県教育委員会
●協賛:(株)オスカー企画 / ムーサ(株) 

  <入場無料>

  問い合わせ:びわこデザイン文化協会/事務局
  大津市仰木の里東 4-3-1:成安造形大学 大原研究室 電話0775-74-2111