びわこデザイン文化協会 設立主旨

滋賀県は緑なす山並みを背に母なる琵琶湖を抱き、豊かな歴史と文化を育んだ類まれな県です。さらに今、「自然と人の共生」を図る環境先進県としての位置付けも明確になりました。しかしながら、県内の自然、社会、生活等の分野において、デザインはその役割を十分に果たしているかどうかを考えた時、決して満足できる水準とはいえません。恵まれた自然と調和し、美しい景観を形成するためにデザイン的配慮をもっと…。人にとっても他の生物にとっても、よりよい環境整備をするために、環境破壊につながるデザインの排除をもっと…。豊かな歴史と文化に支えられた地場産業のデザイン・レベルや県民のデザイン意識をもっと…等々、滋賀県にとって、より望ましい環境整備と真に豊かな生活文化の創造のために、デザインはもっと貢献できると考えます。加えて今日、デザインに対する考え方も大きな転換期を迎えています。経済と産業発展の一翼を担い、生活や社会の豊かさづくりに展開してきたデザイン活動は、経済的視点から環境的視点へとシフトし、地球環境や生活文化に対する責任を果たすべく求められています。
そこで、滋賀県を活動の拠点とする、あるいは他府県で活動するも滋賀県に居を構えるなど滋賀と、また琵琶湖と関わりをもつさまざまな分野のクリエ−タ−が交流し、デザインの視点から実りある提言と行動を起こす必要があると考えました。こうした認識のもと、まず多岐にわたるジャンルのクリエ−タ−たちが専門分野を越えてネットワ−クを構築し「びわこデザイン文化協会」を組織します。そして互いに交流、協力、研鑽を重ねて、 デザインの普及、啓蒙を図りつつ地域社会における産業、生活、文化の発展と、美しい自然に恵まれた湖国・滋賀の魅力ある環境形成に資することを目的として活動します。